top of page

学術集会について

本研究会の学術集会は、研究者や指導者、医療従事者だけでなく、
アスリートやスポーツ愛好家など、どなたでもご参加いただけます。

2022年度女性スポーツ医学研究会学術集会開催要項

今年度の学術集会は、2023年1月28日(土)にオンラインで開催いたします。
ご参加には事前の申し込みと参加費の振り込みが必要です。
下記要項をご確認のうえ、ぜひご参加ください。

どなたでも参加できます。会員でない方は参加申し込みフォームの「連絡事項等」の欄にその旨をご記入ください。

2022年度学術集会要項

日時:2023年1月28日(土)15:00〜17:00
会場:WEB開催 (後日のオンデマンド配信はございません。ご了承ください。)

「アスリートの妊娠中の高強度トレーニング」

〜産後復帰に向けて、アスリートと産科医はどうかかわるべきか?〜

<プログラム>

15:00〜15:05 開催挨拶

=・=・=・=・=・=・=・=

セッション1 妊娠前半期の高強度トレーニング

コーディネーター 松田貴雄 国立病院機構西別府病院

 

15:05〜15:15 切迫流産に関する新しい考え方

         松田貴雄 国立病院機構西別府病院

 

15:15〜15:35 プロサッカーリーグ産後復帰選手の妊娠中のトレーニング

         〜現役選手から見た妊娠中のトレーニングに関するアンケート調査から

         川澄奈穂美選手 NWSLゴッサムFC

 

=・=・=・=・=・=・=・=

セッション2 妊娠後半期の高強度トレーニングと産後に向けての分娩形式 

コーディネーター 難波聡 埼玉医科大学

 

15:40〜15:50 切迫早産に関する新しい考え方

         難波聡 埼玉医科大学

 

15:50〜16:10 アスリートの産後復帰に向けた分娩形式について 

         佐藤はづき 埼玉医科大学

 

16:10〜16:40 産後復帰した現役選手へのインタビューとディスカッション

         大滝麻未選手 サッカー ジェフ千葉レディース

         大宅陽子選手 自転車 

 

まとめ 妊婦スポーツへ向けて〜産科エキスパートからのコメント 

         中井章人 女性スポーツ医学研究会会長 日本医科大学

 

=・=・=・=・=・=・=・=

16:50〜16:55 閉会挨拶

 

以上

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 

<申し込み方法>

参加をご希望の方は以下のフォームよりお申込みいただいたうえで、

参加費のお振込みをお願い致します。

●お申込みフォーム●

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeOGbt2McsciG9V6iVjal59L7pJeXOIPLVbz0LcFnK31oyfQA/viewform?vc=0&c=0&w=1&flr=0

 

●参加費●

 学術集会参加費 3,000円をお振込み下さい。(振込手数料はご負担下さい)

 尚、今年度納付していただく会費は学術集会の参加費のみで、年会費の納付は不要です。

 

●振込先(一般銀行からの振込の場合)●

 銀行名:ゆうちょ銀行

 金融機関コード:9900

 店番:019

 預金種目:当座

 店名:〇一九 店(ゼロイチキユウ店)

 口座番号:0105736

 

 ※振込控えを領収書の代わりとさせていただきます。

 

●申し込み締め切り●

 2023年1月20日(金)

 ※参加費納入を確認させて頂いたのち、1月23日頃にメールにてWebex Meeting IDを


 ご連絡させていただきます。

お問い合わせ等は事務局までご連絡ください。

 

過去の活動記録

ホワイトマタニティタンクトップ

過去の学術集会の記録

過去の学術集会の記録は下記のページでご覧いただけます。
最近の学術集会については、プログラムと抄録集のPDFをダウンロードすることができます。

タブレットと教師

健康セミナーの記録

スポーツ指導のみならず、医療関係者、研究者、一般のスポーツ愛好家の方々のために開催した健康セミナーの記録です。
※現在は実施していません。

bottom of page